PHOTOSESSION✖️NARUMI☺︎JOSEI

img_0860

「愛」って、「興味」なんだなって、思いました。
 
 
しっかり者で、天真爛漫、チャーミングな奥様。
のんびり屋さんだけど、どっしりとした安定感のある優しい旦那様。
 
大好きなご夫婦の撮影。


 
今回は、平日の代官山でした。

お二人がこの夏に結婚式を挙げた、お二人にとってとても思い出深い「WEEKEND GARAGE TOKYO」
でのランチからスタート。
 
 
閑静な町並みながら、落書きの壁や、可愛らしく趣のあるお店、個性的なお店の並びなどなど、普段何気なく通り過ぎてしまう場所でも、カメラをこの手に持つことで、わたしの両の眼は、四角いファインダーの形となり、ハイエナのごとく、粋な撮影スポットを嗅ぎまわります。

そして、お散歩をしながら、ハイエナはお二人に色々と、ポーズや表情を指示させていただくのです。

***

このご夫婦をファインダー越しに見ていると、お互いへの「興味」が半端ないことに気付かされます。

奥様が、旦那様の髪のクセをそっと(ん、結構強めに笑)直してあげたり、奥様の撮影の際に、すかさず旦那様が荷物を持ってあげたり、気がつくと、お二人が、お二人ともに常に興味を示しあっているのがわかりました。
 
「興味」って、辞書で調べると、「ある対象に対する特別な関心」という意味がありました。

特別な関心。まさにこれ。

興味や関心って、持とうと思って持つものは、もはや、興味でも関心でもない。

興味は、「持つもの」ではなく、「持たされるもの」。

完全なる「受動態」。だと思っています。

否応無しに、関心を持ってしまうし、望んでないにもかかわらず、互いの一挙手一投足を、気がつけば見つめてしまっている。

その自分の意思とは裏腹に促される関心は、時に「喜び」をもたらし、時に途方もなく「しんどい」思いを連れてくる。

でも、どうしても関心を持ってしまうのだから、もう仕方ない。

お手上げなのだ。

愛とは、その凸と凹を味わう作業。

凸があるから、凹をなんとか受け入れられるし、凹の痛みがあるから、凸の喜びが増大する。

あぁ愛よ、お前はくすぐったいぜ!!

そんな興味深々同士のお二人を、ファインダーをのぞくハイエナの目尻は下がりっぱなし、口角は上がりっぱなし。

時に、「がわいい〜〜!!!」と奥様のチャーミングな笑顔を収めた瞬間に、地団駄踏んでおりました。

幸せをおすそ分けしてもらいました。
わたしも早くお返しできますように!

http://chaco-528.tumblr.com/post/152883783546/photosession-narumi-josei

[ PHOTOSESSION✖️NARUMI☺︎JOSEI ]Photo Session2016/11/08 13:14