ねばギバ!

JPEGイメージ-796A58D8ABF0-1

こんばんは。
Chacoです。

リンクでブログまできてくれてどうもありがとう!!

最近は、Facebookで「いいね」を押してくれるものの、実際は読んでないひとも多く見られ、若干のせつない気持ちに苛まれていた次第なのです。

だから、お忙しいのに、リンクで飛んできてくれた皆さんが、おいどんは大好きばい!!

えー、今日は二子玉の蔦屋家電内のスタバでブログを書いています。
少し遠出しました。

ここの雰囲気は好き。
書店というより、誰かの家の大きな書斎にいるみたい。

わたしはスタバがあるところなら、どこへでも行く。

まさに神出鬼没。

ある日、あなたの隣の席で、ニヤニヤしながら、ブツブツ言いながら、ブラインドタッチによってMacBookより軽快な音色を奏でながらブログを書いているひっつめ髪にメガネをかけた女がいたら、わたしである可能性があるので、ぜひセイハローしてくれたまえ。

わたしは、唐突に知らないひとから「ハロー」言われたもんだから、「なんだこいつ」といった怪訝な表情で睨みつけ、そそくさと逃げるように席を替えると思う。

あなたは周りの客から、
「なにあのひと。ハローってナンバ?ナンバするならもっといい女にすればいいのに。クスクス。」
と笑われることだろう。針のむしろってやつだ。

しかしながら、そんなものは、初対面のひとに唐突に「ハロー」なんて言ってくるきみが悪いわけで、せめて、「ナイストゥッミーチュー」ぐらいは言うべきであろう。大いに反省してほしい。

今日はなにを書こうかなぁ〜〜ふふふ〜ん。(←せっかくリンクで飛んできてこういうやつむかつく)

そう。ネバギバである。

ネバーギブアップの略、ネバギバ!

「あきらめるな!」という意味で知られている。

が、わたしはどちらかというと、真逆の「あきらめろ!」という意味で使っていこうと思っている。

どういうことかと言うと、

〜せねばならない、の「ねば」を、「ギブアップ」するという意味の、「ねば」を「ギブアップ」である。

略して「ねばギバ!」。

今後、わたしは「〜ねば」を「ギブアップ」しようと思っている所存である。

「頑張らねば」
「しっかりせねば」
「常に優しくあらねば」
「面白いこと書かねば」
「ガンガンブログ更新せねば」
「いつも笑顔であらねば」
「大人であらねば」
「面白いこと書かねば」…etc

ネバーエンディングストーリー!!

ギブアップする「ねば」を書き出したら、それこそもう永遠に終わらないかもしれない。

要は、「頑張る」のをやめてみようかと。

で、この「頑張る」という定義がまた、厄介なのだ。

それで、わたしにとっての「頑張る」は、

「自分にとって【無意味】に、アタマ、カラダ、ココロにしんどい思いをさせること」

と定義づけようと思う。

この【無意味に】がミソである。

頑張る、頑張らないの対象も人それぞれで、一概に「頑張るとはこう!」とは言えないのだ。

最近のわたしで言えば、
「よくあんなに長い文章書けるよね。大変じゃない?頑張ってるね。」
と言われる。

でも、わたしにとってみれば、「短い文章で、わかりやすくメッセージ性をもたせたものを書く」という方が断然難しく、頑張りが必要で、大変なのである。

わたしの場合、頭でまだ固まっていない状態のものをダラダラ書きながら整理して、楽しくなって、あっという間に5,000文字超えになってしまう。

頑張っているも何もない。
逆に、読んでくれる人にこそ、「大いに頑張ってくれてありがとう!」と伝え、両の肩をバンバン叩き、ねぎらいたいぐらいだ。

なので、他人に「自分が頑張っているか否か」もわからないし、自分でも「他人が頑張っているか否か」なんて、はたから見てわからないものなのだと思う。

他人の「頑張り」が自分の「楽チン」かもしれないし、そのまた逆もしかり。

とは言っても、ブログを書くのは肩は凝るし、書いた後、興奮状態に陥り、夜眠れなくなったりもする。
ある意味、「しんどい」し、疲れる。

でも、このしんどさはわたしにとって、「意味のある」しんどさなので、ブログを書くことは「頑張っている」に入らないのだ。

全く興味のないジャンルの音楽を聴いたり、映画を観たりする方が、わたしにとってもしかしたら「頑張り」が必要かもしれない。

そして、肝心の「なぜ」頑張るのをやめることにしたのか…というと、最近のうさんくさい「頑張らない商法」を身をもって実体験しようと思ったのだ。

最近、よく聞くではないか。「頑張らない方が物事がうまくすすむ」と。

頑張らない方がうまくいくだぁ〜〜〜?

今まで、頑張ってきたわたしたちを侮辱するでねぇ!

わたしなんて、何を思ったか、航空業界から、全く向いていない不動産営業の世界に入ってしまい、数字にめっぽう弱いし、あわてんぼうで、逐一お客さんの様子を見て、冷静な判断なんてできないものだから、商談なんていつもグダグダで、お客さんに不信感を持たれて帰ったこと数知れず…。

興味のないことに関する集中力のなさは、本当にひどいのに、激務の合間を縫ってひいこらと勉強を頑張って、宅建もなんとか取ったし、なぜかファイナンシャルプランナーの資格もとったけれど、結局一度も使用場面がなくて、今は全ての知識が忘却の彼方…あんなに頑張ったのになにひとつ覚えていない…というか、本当に興味がない…。

…確かに。頑張ったことがなにひとつ生きていない!!

いや、これらの経験が肥やしになって、今の自分があるとは思うのだ。

しかしながら、以前「逃げる」が勝ち。でも書いたように、自分には向いていない、アタマとココロとカラダがひたすらしんどいことをやっても、長くは続かないのだ。少なくとも、わたしの場合。

そして、逃げた今は、なんともストレスフリーな職場で、仕事の合間に同僚のひとと漫才や即興劇を繰り広げたりと、とりあえず、とても楽しく仕事に従事している。(仕事はきちんとしております!でも、それすらも楽しい。)

冗談で言い合っていた、ありえない「昇給」にも恵まれ、大好きなひとたちと仕事をしている。

なんだか知らんがうまくいっている。

そしてそのような中で、始めたブログ。

なんか知らんがうまくいっている…ように感じる。(え、わたしだけ?わたしだけ?)

とりあえず、人生史上、一番「頑張っていない」今が、日々ワクワクするし、調子が良いのだ!!

え、もしかして、本当に、頑張らないほうがうまくいくの…?
えーーい、うそだ!うそだと言え!

…んー…わからない。
わからないが、頑張って報われないとしたら、それはとても切ないが、頑張らないで報われなかったとしても、その過程がとりあえず楽しかったわけで、それはそれでOKを出せそうな気がする。

だから、もう少し、頑張らないで、楽しむ方向で、人生の舵取りをしていきたい。

うさんくさい「がんばらない商法」「がんばらないマーケティング」を体を張って、検証してやるのだ!
みんなも見ててほしい。

そして、がんばらなかったばっかりに、路頭に迷って、道端で物乞いしているわたしを発見したら、コッペパンでも差し入れしてほしい。「ほら、言わんこっちゃない」とでも言いながら。

また、自分の中では、なんとなく今後、こうなりたいなぁ〜というほのかな夢や目標がないわけでもないが、それすらも、あまり考えず、念頭に置かず、楽しく日々を過ごすことに専念しようと思う。

なぜなら、その夢や目標は、今現在のわたしの小さいアタマの中で繰り広げられているものに過ぎないから。

半年前は、こんな風に楽しくブログを書いてる毎日なんて想像できなかったので、未来は限定しないほうがその未知数にワクワクするし、きっと思いもよらない展開が訪れるのだと思う。

例えば、スタバで、メガネをかけてひっつめでブログを書いているわたしを、隣に座った、アラブの石油王が見初め、その場でプロポーズされ、戸惑うわたしだが、「これが運命なのかも…」と覚悟を決め、石油王の妻として生きる道を選ぶのも、またひとつだ。

人生何が起こるかわからない。
だから、頑張らず、わがままに、楽しく、1日1日を笑顔で終えられることを何より大切にしていきたい。

今日もわたしのとりとめのないひとりごとに付き合ってくれてどうもありがとう!

今日は「笑い」が少なかったかなぁ…。

でも、「笑いが多くあらねば」の「ねば」も取っ払っていこうと思うので、どうかお許し願おう。

さぁーーー明日からは断食合宿!!

がんばってきまーーす!!

[ ねばギバ! ]ひとりごと。2016/06/03 23:49