わたしが会社を辞めるまで。【59日】ーオモシロ美人的セルフブランディングー

3月末で会社を辞めます。

4月1日から個人事業主として働くことになるのですが、どうせなら、会社を辞めて、独立するまでの内面の葛藤や、自分の商品を作る過程、そして、「起業をするということ」について、わたし自身が感じることを、カウントダウン形式で描き綴っていこうと思います。

書きながら、今一度、自分と向き合ってみようと思います。

会社員経験が長いし、正直あまり実感がないから、自分にその事実を知らしめるためにも。

もしこのまま、のうのうと日々を過ごしていたら、あっという間に会社を去る日が訪れ、何も準備をしないまま、路頭に迷うことになるかもしれないから。

あと、59日。

今日は、【商品作り】について考えてみました。

起業するということは、売る「商品」がなけらばならない。

そして、その商品が「魅力的」で、「欲しい」と思ってもらわなければならない。

そのためには、なぜ、わたしが、この商品を売るのか。

ここが、はっきりしないと、お客様は釈然としません。

わたしが、「ブランディングという商品を売る意味」を、昨年一年かけて自分をどのようにセルフブランディングしたのかを紹介しつつ、今一度自分でも考えてみたいと思います。

***

昨年の2月にこのブログを始めました。
約1年が経ちます。

個人で働きたい!
自分の人生を変えたい!

そんな思いで情報発信を始めたのですが、いかんせん、当時の私には提供できる「商品」がありませんでした。

まずは、私自身を「ブランディング」して認知を広めつつ、その傍らで自分の商品創りをしていこうと決めました。

そこで生まれたのがブログ「オモシロ美人のすすめ」です。

「向き合う女Chaco(メンター命名)」として、幸いなことにベースがネガティブなこともあり(幸いか?)、それまでの人生において直面してきた様々な事柄と、それに対応する感情の動きというものを、変態的に気が付けば常に見つめ続けてきた人生でした。

なので、内面の話はネタがたくさんある。

しかしながら現在、多くのひとが自己啓発的な内容の発信をしている中、かつ、何の実績もないわたしのちょっと上から目線の自己啓発的な発信を誰が見てくれるだろうか。

そんなことを思いました。

でも、待てよ。

私の好きな「自己啓発」と「笑い」を組み合わせているひとはなかなかいないのではないか。自己啓発的なものだけ、もしくは笑いだけに特化した発信はあるけれど。

俗にいう、掛け算ですね。「○○」×「○○」

というわけで、私の場合、どちらも語りたい内容があるので「笑い」×「自己啓発」でいこうと決めました。

また、何の実績もない個人のわたしがいきなり偉そうに自己啓発的な内容を発信しても、だれが耳を貸してくれるのかという問題点もありましたので、そこは、思い切って「キャラクター」を作ることにしました。

「オモシロ美人研究家」という男性か女性かもわからない素性の知らない、オモシロ美人とやらの生態を研究しているどこぞの教授といったイメージです。

偉そうなことを言うものの、どこか抜けてて、憎めない。

そんなざっくりとしたキャラクター設定を決めて、ブログを書く際は「オモシロ美人研究家Chaco」として、書いてきました。自分では言いにくいことも、得体の知れない研究家には言わせることができました。

そして、外せないのが、写真。

文章は、教授が書くので、教授らしく、「~である調」。内容は、自己啓発部分もありながらも、昭和感あふれるギャグがちりばめられている。

だけれど、一番最初に目に入るアイキャッチ画像は使われている写真は、お花畑や、旅行に行った際に撮った素敵な背景の写真。

これは、とにもかくにも「ギャップ」を作り出すことが狙いでした。

見かけた人には、見るだけではなくて、読んでもらうために。読んでくれたひとには、読んで終わりではなく、覚えてもらうために。

良い意味での「違和感」を残したかった。

ブログタイトルの「オモシロ」と「美人」の間にもギャップを作り、覚えてもらいやすいようにキャッチーなタイトルを心がけました。

「オモシロ美人のすすめ」を知ってもらうために、アイキャッチ画像に、必ずタイトルを入れました。

記事タイトルも、「語感」や、「韻」、「ひらがな」、「カタカナ」、「漢字」のバランスなどを意識し、目を惹くものを毎回練って付けるようにしていました。

特に人間の五大欲求を満たすようなお役立ち記事を書くわけでもないし、何かひとつのものに特化した記事を書けるわけでもないので、私自身をまずは知ってもらうにあたって、とにもかくにも他との違い」
随所で表し、トータルで「なんなんだこいつは」と思ってもらいたかったのです。

そのような戦略でブログを更新しておりました。

そうしたところ、お陰様で一年の間に

・電子書籍3冊出版(うち、第一弾は500万冊中、最高位9位)
・セミナー開催
・ラジオ等の各種メディア出演
・コラボトークショー開催
・メルマガ読者向けコンサル
・フォトセッション開始…等々

「まずは認知を広めよう」という思いで始めたブログが思いも寄らない広がりを見せてくれました。

そして、なんだかんだで、その経験を生かし、起業しようとしている自分がいる。

まさに、昨年は、わたしにとって人生の転機となった一年でした。

***

というわけで、この一年間を通して実感していることは、情報発信は「やり方」がすべてではないということです。

起業ブームの昨今、情報発信について学ぼうとすると、ある程度の型やコツ等を教えられ、それをまずはこなしていくことになると思います。

いいのです。
右も左もわからないうちはまずは教えられた型をやってみれば良い。

でも、ただみんなと同じように

・アメブロ
・一日3回更新
・「いいね」おじさんと友達になる
・自撮りでアピール
・ホテルのラウンジでお茶会をする・・・

を漫然とやっていても、ただただ似たような投稿の中に埋もれていくばかり。

まずは、自分が「どう在りたいか」。

ここを明確にしてから、「やり方」がついてくるのだと思います。

となると、ひとによって「やり方」は必然的に変わってくるはず。

アメブロ、Wordpress、インスタグラム、ツイッター、Youtube、電子書籍、Podcast・・・等々、無料で、情報を届けられる媒体もたくさんあり、トレンドはあるものの、自分のやりやすい情報発信の媒体を自ら試してみて、決めていけばいい。

そんなことを実感しています。

というわけで、わたしのブランディングセッションでは、対話を通じて、「どう在りたいか」を探り、その在りたい姿をイメージして、写真を撮る。

在りたい姿を先取りしてしまう。

そして、その在りたい姿に引っ張られて、セルフイメージが上がり、在りたい自分に近づいていく。

もちろん、在りたい自分になるための「やり方」の部分も一緒に考えていきます。

自己投資をして、素敵なメンターたちの元で色々学びましたので、自分で使ってはいない方法もあるものの、やり方もバッチリ頭に入っています。

ただひたすらこだわることは、他の誰にもなることはなく、あなたの中に眠る、本当のあなたの「こう在りたい」という願望を引っ張り出し、その姿を先取りし、それに合わせて情報発信をしていくサポートをする。

無理をすることなく、他の誰でもない、あなたを極めることに集中すれば、必ずや周囲から浮かび上がる。

それだけは、自信を持って言えます。

ただ、少し、エッジを効かせる必要があるだけなので、そこはわたしの発想を思う存分使ってくださいね。

自分を極めて、自分を唯一無二のブランドにしましょう!

***

以上が、表向きのセールスポイントです。

 

実際は・・・

「コンサルティング」という名の楽しい「お喋り」をして、「こんなんで行こうか〜?」と、撮影プランを決め、「いいねいいね〜」と撮影をして、「じゃあこんな感じで情報発信していこうか〜?」とオモシロい提案し、あとは「どんどんやったれ〜〜〜」と背中を押す・・・

感じでっす!

だってね、昨年ガンガン動いて、最後心身ともに疲弊して動けなくなったので、力むのが一番いけないと痛感したのです。

お互い楽しく、緩んでいる時が、一番クリエイティビティが刺激されて、良いものを創る集中力が生まれる。

だから、絶対に「楽しく」そして「心地よく」が、わたしのセッションのモットー。

でも、何だろう。絶対わたしと関わってもらうことで、オモシロいことになるという、変な確信があるんだなぁ…。

こんなの、セールスポイントに書けないけれど、わたしの中では、これが一番のセールスポイントです笑。

このセールスポイントをわかってもらうために、もっともっと「わたしと一緒にやる意味」をアピールしていかなきゃですね。

もう少し、色々と練り上げて、都度ご報告していきます。

明日は、【価格】について考えてみようかな。

では、また明日。

[ わたしが会社を辞めるまで。【59日】ーオモシロ美人的セルフブ... ]起業へのみちのり。2017/02/01 22:40