一流のひと

【一流】のひとって

地位や名誉のあるひとではなく
どれだけ自分に正直か
どれだけ他人に正直か
どれだけ自分に対してやましさがないか
どれだけ他人に対して後ろめたさがないか
それを追求しているひとなんだと思う。

今までは地位や名誉のあるひとを
一流と捉えてしまっていたし
自分も自分に自信がなかった故
それらを手にしたいと躍起になっていたけれど
やはりなんか、歯車が合わなかった。

自分か自分につく嘘
自分が他人につく嘘
それらが耐えられなかったんだ。

それだと体調も悪くなるし
精神状態も不安定になる一方。

自分にも他人にも正直であり
かつ地位も名誉も付随してるひとも
いるだろうけれど

きっと穏やかに慎ましやかに
日々の生活を丁寧に
大切に噛み締めている人もたくさんいる。

外側がどうではなく、まずは内側。

自分に素直に他人にも素直でありたい。

言うなれば、【自然】なひと。

聖人君子でもなく
決して人格者ではないけれど

【正直か否か】
ただその意味においてだけは
一流のひとになりたい。

自分を見失いそうな時は

未来の【自分】が目を覆いたくなる
今の【自分】ではありたくないと

改めて心に誓えばいいのだと思うんだ。

[ 一流のひと ]自分を信じること。2017/07/11 12:33