がんばらないのち、がんばろう。

頑張る or 頑張らない
 
色々なご活躍されている方が、「頑張れ!」と言ったり、「頑張らないでいい」と言っていたり、いったいぜんたい、わたしたちは、頑張った方がいいのか、頑張らない方がいいのか。

暇人なわたしは、そんなことばかり、やるべきことを頑張らずに、頑張って考えている。

今回は、そのことを絡めつつ、 LINE@に頂いたご質問にお答えしようと思う。

 

<ご質問>

私は今福祉施設で理学療法士をしています
ご利用者と接するのも好きですしいい先輩や上司のもと働けています。
アフターファイブも楽しめていて 決して不満も無いのですが

何かしっくりこないというかもっとわくわくする何かがあるんじゃないかってここ最近よく思っているんです。 でも決定的な私はこれをする!!というものもないしきっかけもなく…
(好きな時間や好きなことはあるのですが…)

小林さんやエッセイストさんの本や記事を読むと
すごいイキイキしていて羨ましく思うのです!
職のことでお話を聞いたら何か見えてくるかなと思い質問させて頂きました!

お時間あればお願いします^^)❁

 

ありがとうございます!

 

今の生活に満足をしているけれども、他のひとを見ると、自分にもなにかもっとワクワクできるものが他にもあるのではないか、とのこと。

 

すごくわかります。

ものすごくわかります。

 

そして、わたしの経験を踏まえると、ご自身がどの位置にいるかによって、「頑張る」のか「頑張らない」のかが決まってくると思うのです。

 

少しわたしの話を失礼いたします。

 

わたしは、昨年の頭からブログを始めました。

実は、よくよく考えると、わたしがブログを始めて、「よし!ビジネスを始める足がかりとするぞ!」と決意したのって、「承認欲求」と、自分への「無価値感」からくるものだったのですよね。

その前にも、色々なことに挑戦してきて、あまり「これ」というものに出会わず、経験だけは増えたのですが、それはやはり、「なにか」ができることで、今の自分よりももっと素敵な「なにか」になり、その「なにか」である「自分」を好きになりたかったのだと思います。

あまり深く考えずにとりあえず始めたブログが、「面白い」と言っていただけて、調子に乗って、電子書籍出して、応援のおかげもあり、上位に食い込んで、なんだかそのままラジオやらメディアに出たり、セミナーやったり、トークショーやったり、・・・。めまぐるしかった。

でも、それらをやっている最中、「あぁ、だめだ、しんどい」っていう気持ちになっていたのは確かです。

自分でやっておいて。

仲間に協力してもらっていたのにもかかわらず。

そして、結局、年末には、使い物にならなくなっていた。笑

何もしたくなくなってしまったのです。

体調も精神状態もかなり悪かった。笑

 

それは、「承認欲求」と、「無価値観」からくる、「本当の願望」ではないものを、必死に追いかけていたからだと思います。

そもそも、「どうなりたいか」がよくわからず、「何をしたいか」もよくわからない状態で、「良いとされているもの」を手当たり次第やってみたという感じです。

それは、エネルギーも続かないわなぁ。

(※でも、本当に全てがここに繋がっていたから、わたしには全て必要な経験で、多くの出会いに恵まれて、助けてもらって、とても素晴らしい1年でした)

 

それに引きかえ、「本当の願望」がわかっている時のエネルギーってすさまじい。

それは、自分もだし、他のひとを見ていてもわかります。

ひとは、「本当の願望」を見出したら、それこそ、がむしゃらに突き進むエネルギーがわいてくる。

きっと、ご質問者様にご質問いただいたのは、こちらの「ワクワク」だと思います。

 

***

というわけで、わたしなりに出した「頑張る頑張らない論」の結論ですが、

 

今現在、自分に対して、どことなく自信がなかったり、ひとと比べてしまい、自分を小さく見積もってしまうようなひと、自分の好き嫌いの感覚がよくわからないひとは、ひとまず、「頑張らない」でください。

 

あまり、「頑張れ!」と言っているひとたちの話に刺激され、頑張ってみるものの、何がしたいかよくわからなかったり、自己肯定感を高めるために行動したその果てには、頑張れない自分への責めや、さらに何がしたいかよくわからなくなってしまうことがあります。(わたしか)

そんなひとは、まずは、「自分を満たす」ことを最優先してください。

巷でもよく言われている、「やりたくないことをやめる」。が一番最初かな。

 

そして、身体と精神状態を整える。

 

瞑想したり、運動したり、ファスティングをしたり、食事を気をつけたり、なんでもいいのですが、自分をより丁寧に扱ってみる、というのが、わたしはとても効いていると思います。

その行為、思いが、自己肯定感の高まりにつながる。

あとSNSをあまり見ないようにするのもいいかも。

変に焦燥感にかられてしまうから。

まずは、自分と向き合って、自分を知ること、感度を高めることの方が先決。

 

その上で、軽い気持ちで、色々とやってみたいことに挑戦してみる。

「見つけるぞ!」ではなく、その時点で、自分がやってみてきっと楽しいだろうな、と思えるもの。

結果、楽しくなくてもいいや、ぐらいの気持ちで。

 

あとは、会ったことのないひとで、なんか気になるぞっていうひとに会いにいくのはとてもおすすめです。

ひとの出会いが人生を簡単に変えてしまうので。

 

そして、ある程度、自分を知り、自分の感覚も研ぎ澄まされてきて、その上で、出会った「これかも…」というやつ。

それに向き合ってみて、「うん!わたしはこれだ!」って確信が持てたら、そうしたら、「頑張れ!」というひとたちの声を聞きましょう。

この段階にくると、「頑張らない」という方々の発信はおそらくどこか物足りなさを感じるのかも。

どんどん、「頑張れ!」という方々から、叱咤激励をもらいましょう。

「好き」「やりたい」ことだったら、寝食わすれるほどに没頭できますしね。その有り余るエネルギーを温存しておく理由なんてない。

そこに向かう中で、細々とした「やりたくないこと」は出てくるかもしれないけれど、「成し遂げたいこと」「やりたいこと」が先にしっかりと見据えられていると、そこからの引力は凄まじいものだから、「やりたくないこと」すらも、淡々とやれてしまう。

 

そんなかんじだと思います。

 

では、自分が今どの状態で、今自分はどちらを選べばいいのか。

答えは簡単。

自分が「頑張れ」「頑張らないでいい」の発信を聞いて、見て、「心地よい」と思う方を選べばいいだけです。

 

「頑張らないでいい」という内容の発信を聞いて、救われた思いのするひとは、「頑張れ」というひとたちの声を聞いて、自分を責めたり、変な焦燥感に駆られて自分を見失うようなことに、自ら陥る必要はない。

自分を責めることが、何よりも、エネルギーの損失で、自分にも周りのひとにも何ひとついいことはないので、これだけは避けましょう。避けられる環境を整え、情報を取捨選択しましょう。

自分で、「あぁ、今までやりたくないことを、頑張ってきたのだな。我慢してきたんだなぁ。」と、まずは自分をいたわり、ねぎらう。そして、自分の中の棚卸と、心身の調子を整えること。これが最優先事項。

 

そして、「頑張れ!」という発信を聞いて、見て、「ゾクゾクずる」ひとは、もう「頑張らないでいい」なんて言ってられないので、時に厳しく感じるかもしれないけれど、自分のやりたいことに向かって、まっしぐらに進むのみです。

 

だから、もし、自分の夢を叶えたい場合には、場合によっては、「頑張らない」を経て、「頑張る」に移行するひともいるのかもしれない。

最初からある程度、自己肯定感が高く、自分のやりたいことが明確なひとは、すぐさま「頑張る」ことを選択すれば良い。

 

***

 

しかしながら、何より大切なのは、「何をするか」という、「目標」よりも、「何を伝えたいか」という「目的」を持つこと。

 

これは、先日行った登山家の栗城史多さんの講演会で聞いたお話。

 

栗城さんは、「日本から否定という壁をなくしたい」というモットーのもと、凍傷で9本の指を失いながらも見事に復活されて、その後もエベレストへの無酸素登頂を、インターネット中継をしながら、わたしたちに「失敗と挫折を共有」するために挑戦を続けている。

 

エベレストに登る目標を掲げるのも、「無理だよ」という周りの「否定」に打ち勝ってほしいというメッセージ(目的)を伝えたいから。

だから、「目標」を達成しても、燃え尽きることなく、またさらに挑戦を続けていくエネルギーとなる。

だから、その「目標」という名の、「目的」を達成するツールは変わってもいい。

「目的」を追求することこそが、自分の天命を全うすることなのだから、とおっしゃっていました。

 

なので、自分の「やりたいこと」「ワクワクすること」を探していく最中にも、「こと」や「もの」と同時に、「何を自分は伝えたいのか」「何を追求したいのか」という、「テーマ」を見出すことを念頭に色々と挑戦すれば、きっと、その「ツール」となり得るものとの出会いの確率がぐっと高まるのでは。

 

きっと、自分という「頂」の裾野が広がるはず。

 

というわけで、ぜひ、ご自身のワクワクする「使命」が見つかることを、心から祈ると同時に、「見つけなければ」という姿勢よりは、その日々の過程こそが自分の「頂」に登っている最中であり、崇高で、素晴らしい行動なのだと、噛み締めながら登ってくださいね。

 

なーんて、わたしなんて、ようやく、最近、自分の「目的」がおぼろげながらわかりはじめてきたぐらいなので、まだまだスタートすら切れていない状態なのですが笑。

 

わたしは、今までの人生なかなかとっちらかっていて、これからも、その予定であり、それでもしぶとく、図々しく、生きているので、みなさんに「大丈夫である」ことを、伝えていきたいと思っています。

 

ここ1年で、自分の中の「価値観」という名の要塞がどんどん崩れ始めていて、自分の人生も、他人の人生も「なんでもありじゃん」という思いが日に日に強まっている今日この頃。

そして、本当の意味でもっと「自分」を知って、「自分」になりたいし、最終的には「自分」という呪縛から解き放たれたい。気がつけばそのことばかり考えているし、そういった類の情報収取ばかりしています。

 

その過程で、誰かの「自分」になること、そして、最終的には、ずっと悩まされてきた「自分」から解き放たれることができるようなお手伝いをしたいです。

 

その「ツール」がまだ確定しないけれど、誰が読んでるかもわからないようなある意味「自己満足」の発信を続けていきたいと思います。

もしかしたら、実際にお会いするような機会もつくるかもだし、なにか新しい試みをやってみるかも。

みなさん、一緒に、頑張らないで、頑張りましょーー!

 

追伸:栗城さんがおっしゃっていたことでもうひとつ、印象に残ったのが、「夢を叶えるなためにすること」として、「叶える」という漢字は、「口」へんに、「十」なので、「1日に10回口にしてください」とのことでした。

 

わたしは・・・将来「物を書くという仕事を生業にしたい」とその時に思いました。

そして、誰もいないところですが、素直に10回口にしていました。笑

あは。言っちゃった。

もし、あなたも、なにか叶えたい事柄があれば、ぜひ、わたしのLINE@で、メッセージください。

ぜひ、10回言ってくださいね。

わたしも栗城さんと同様に「否定という壁をなくしたい」と思っておりますので、全力で、あなたの目標を応援します!よかったらわたしのことも応援してください( ´ ▽ ` )ノ

ChacoのLINE@はこちらから→@pgu6225u(友達追加をお願いします)

 

 

 

[ がんばらないのち、がんばろう。 ]自分を信じること。2017/03/29 21:16