嫌われてもいい。

嫌われてもいい。

嫌われてもいい人を、今ここに発表します。

まずは、価値観が凝り固まっているひと。
価値観カチンコチンなひと。

人って、価値観がある。
ひとそれぞれ。
常識、環境、育てられ方、様々な要因で
それぞれにおいて育まれたもの。
価値観はあって然るべきもの。

ただ、常識や法律、自分の経験等
に照らし合わせて自分の意見が
絶対だと頭ごなしに押し付けて
くるひとには、清々しく嫌われよう。

だって、話し合っても無駄だし。
(そもそもご本人気づいてないし。)
最初から脱力感を感じちゃう。
ごめんなさい。無理です。
どうぞ嫌ってください‼︎ʕʘ‿ʘʔ

で、次は、
(自分のことを)好みじゃないひと。

価値観の違いを理解していて
こういう人もいるんだという認識を
してくれていても、なんか好きになれない
と思われるのなら、これはもうしょうがない。

好き嫌いはどうしたってあるし、
自分もその人も悪くない。
好き嫌いがその人の魅力といっても
過言ではないのだから。

かと言って、自分がそのひとの好みに
合わせるのは、本末転倒だよね。
自分の魅力を半減させる。

だから、自分のことを好みではないひととは、
その時には「さようなら」かもだけれど
またいつか会えたらいいな♡という思いで
やはり爽やかにさようならʕʘ‿ʘʔ

あ、でも、好みじゃないと思わせるぐらい
自分をきちんと打ち出したという証拠。
そこは、自分でかした。グッジョブ!
そして嫌われた相手にも、自分のことを
好きか嫌いか考えるくらいに興味を
持ってくれてありがとう。だね。

となると、自分の周りには
価値観の違いに寛容で大らか
もしくは、近い価値観を持っていて
なおかつ、自分のことを、好きで
いてくれるひとしか残らない…。

そんなひとのこと、
どうしたら、わたしは、嫌いになれるだろう。
好きになってしまうに決まっている。

そう考えると、勇気を出して
自分のありのままをさらけ出して
【嫌われる】って、素敵‼︎ʕʘ‿ʘʔ

嫌われるって、
最終的に好きな人に囲まれるってことだから。

結論。自分の全てを、早いうちに
さらけ出すことが、幸せへの近道です♡

[ 嫌われてもいい。 ]オモシロ美人ブランディング。2017/01/23 17:27